So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

技術と熱意を映し出す「鏡」 [プレップアップ]

手を抜けばヘソを曲げ、懸命に手を入れると輝く…
そんなペトロフの一面を今日は実感。10年を経た味わい深い響きながら凸凹した音質、もわっとしたタッチをリセット。その原因は楽器の問題というよりも調整不足によるもの。チェコの名器は時として調律師(ピアノ店)の技術力と熱意を写し出す「鏡」のように思えます。

13894983_1761480494064849_6723102961331887588_n.jpg
現在は弊社でプレップしたピアノのみメンテに対応していますが、今回ばかりは10年前に購入されたP118C1を特別に現地で調整。

13920776_1761480500731515_1149307412444134499_n.jpg
ハンマーの動作不良(スティック)が発生、打弦した後に戻ってきません。湿気過多による影響...

13886922_1761480497398182_6506196204632800673_n.jpg
まずは汚れたチューニングピンをクリーニング(右ビフォー・左アフター)ハンマーの間隔も不揃い、調整不足がうかがえます。

13912703_1761480540731511_4583716357039838178_n.jpg
キーピンのベトツキで少し上げた鍵盤が降りてきません。弾き心地が鈍化する理由のひとつ。

13934987_1761480550731510_2924460166625539040_n.jpg
チューニングピン&弦を磨いた後、ひとつひとつ弦合わせを実施。

13876577_1761480547398177_7447241647580280745_n.jpg
弦溝の位置がまちまち、この機にリセットします。

13925355_1761480580731507_229099956811190373_n.jpg
ファイリング作業によって弦溝をきれいに取り除きます。(左ビフォー・右アフター)

13925241_1761480587398173_5042485652045242068_n.jpg
布ヤスリで卵型にひとつひとつのハンマーを整形。

13934760_1761480600731505_3810006142205857450_n.jpg
弦合わせを再度チェック。やっと新品に近い状態までハンマーは復活。凸凹だった音質も揃ってきました。

13924964_1761480630731502_419140718045209994_n.jpg
鍵盤を外して棚板にたまった埃を清掃。

13939314_1761480660731499_4266134438547552878_n.jpg
キーピンの汚れを1本1本きれいに拭います。

13902761_1761480687398163_6183630259650941870_n.jpg
棚板のネジを増し締め。

13932774_1761480707398161_7369110090065667701_n.jpg
フロントキーピンの角度が斜め、これもタッチに影響あり。

13895199_1761480714064827_8572006538847857467_n.jpg
定規をあてながら角度を修正していきます。

13901533_1761480727398159_6132459478766192823_n.jpg
汚れたキャプスタンスクリューを磨いて円滑な動きに(左ビフォー・右アフター)

13886475_1761480744064824_1353902554570881765_n.jpg
キーホールを清掃するためブラッシング、木屑が混入していました。

13895028_1761480617398170_2064331007950884868_n.jpg
調律はA=442に...

13920728_1761480750731490_730026041009024394_n.jpg
硬い音質にはフェルトに針を入れて音量バランスを整えます。

13920799_1761480780731487_6864616867475916916_n.jpg
3弦合わせ、フェルトの表面をきれいに処理。艶々しく深みのあるサウンドに...

13920724_1761480797398152_5202245405713192064_n.jpg
遠かったハンマーストップをざっと15mmに設定。弾きやすさが生まれました。

ただ半日かけても作業はまだ道半ば...弾き込まれたピアノの再調整は「マイナスからのスタート」です。
基礎の調整(プレップアップ)があって高度かつ音楽的なメンテナンス(維持管理)は可能、調整の土台がなければ「ピアノの個性」はずっと埋もれたままです。それが日本における過去のペトロフピアノに多く見られる傾向であり、2013年に輸入販売元として弊社ピアノプレップが新たに設立されるに至った理由となります。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。