So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ペトロフGP PⅢM メンテナンス [ピアノ・メンテナンス]

ご訪問を心待ちにして下さっていた
親切なご年配夫婦の御宅でお仕事。

1.jpg

ピアノ通は後々のメンテナンスまで
考慮した上で楽器を購入されます。

2.jpg
前回行った弦合わせをチェックです

3.jpg
A=442Hzで調律、湿気による変化を
リセットします

4.jpg
今回はタッチとペダリングに関わる
ダンパー調整を念入りに実施…。

5.jpg
まずダンパーレバーを揃えます

6.jpg
ペダルを操作する際のタイミングが
揃うようにひとつずつ地道に調整...

7.jpg
音の止まりが悪いフェルトを
専用プライヤーで調整

8.jpg
ダンパーの掛かり、基準をとって
スプーンの高さをいったんリセット

9.jpg
ストップレールも適正位置に調整

10.jpg
整音作業は最後に必ず実施します

11.jpg
10年経ってもボヘミアンスプルースは
健在、深く温かい響きを醸しています

12.jpg
外装を丁寧に磨き上げて終了、
PETROFロゴも輝いています。

ハーフペダルなど細かい踏み分けは
ダンパー動作が揃って初めて可能、
コンサートピアノに迫るサウンドを
緻密な調整でお愉しみ下さいませ。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。