So-net無料ブログ作成

P125F1&P173Chippendale 2台納品立会 [ペトロフ納入]

本日まずはP125F1を無事に納品!
生憎の天候でしたが、雨のおさまった
頃を見計らって搬入して頂きました。
丁寧に梱包して下さったお陰で状態も
極めて良好、運送屋さんに感謝です!

12243351_1670844336461799_1864355543448921184_n.jpg
※運搬の様子を撮りそびれました^^;

次にP173Breeze Chippendaleを納品!
朗らかな音色と豊潤なベースの響きに
「弾きこもりになりそう♪」とお客様、
その喜びの声が何よりも嬉しいです。

12246925_1670882376457995_1864570424429749163_n.jpg

忘れてならないのは運送業者の活躍、
彼らなくしてピアノは届きません。

12241498_1670882386457994_4771414959582225079_n.jpg

今日も雨天、狭い路地、段差の移動等
悪条件の中をピアノに気を配りながら
手際よく運ぶ姿はまさしく職人。

12246815_1670882396457993_3101697973083220431_n.jpg

12243427_1670882419791324_2125910313994059801_n.jpg

12227778_1670882429791323_6785296793967130389_n.jpg

12189128_1670882439791322_6097291114282504470_n.jpg

12249784_1670882453124654_1122498083333488222_n.jpg

12246998_1670882466457986_707868935328621478_n.jpg

「弾き手」の元に渡るまで、こうした
「運び手」や先日チェコから来られた
「作り手」など、ピアノという楽器が
色々な人の手を経ていることを、ふと
気に留めてみてはいかがでしょうか。

12249666_1670882566457976_4633616464457356936_n.jpg
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。