So-net無料ブログ作成

鍵盤の役割とは... [音楽雑記]

ただいまP125F1のプレップアップ作業は
鍵盤の高さ、深さとハンマーの接近調整を
終えたところです。あらためて感じたのは
ピアノの音を奏でるのは「鍵盤」ではなく
先の「ハンマーフェルト」であること...。

12095997_1664735077072725_3234704048541626380_n.jpg
鍵盤の高さを正確に均します

12112356_1664735080406058_8071526838115508002_n.jpg
深さも1鍵ずつ揃えていきます

12107995_1664735120406054_8583501206430349949_n.jpg
鍵盤の操作が打弦直前までハンマーに
伝わるように「接近」距離を設定

そんな思いに至った理由は店内でたまたま
聴いていたショパン・コンクールの演奏に
「あ、綺麗な音を鳴らすな~」と気になる
コンテスタントを見つけたからです。

その人はEric Lu。外見はアジア人ですが、
国籍はアメリカ、弱冠17歳だそうです。
優勝候補と目される演奏者は他にも何人か
見受けられますが、彼独特の優しい音色と
タッチは、鍵盤は「打鍵する」のではなく
10mmの深さを使ってハンマーフェルトを
「操作する」ためのものだと教えてくれる
ようです。https://youtu.be/_YBzQrCIuac



幸い彼も最終審査に残っている模様ですが
果たして第17回目の栄冠は誰の手に??
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。