So-net無料ブログ作成
検索選択
ピアノ・メンテナンス ブログトップ
前の10件 | 次の10件

千里の道も一歩が大切... [ピアノ・メンテナンス]

ペトロフGPメンテ×2件@横浜市
P194Stormの御宅では可愛いお嬢様、
P159Boraではフレンチブルドッグ
お出迎え…そんな出会いもまた一興。

数十年ご愛用頂けるよう調整に励む
毎日、千里の道も一歩が大切です。

13912841_1760648054148093_8065176045642148743_n.jpg
除湿機の導入に伴い、変化した音程の
狂いをリセット、再び心地良い状態に

13902817_1760638637482368_8158724721490269733_n.jpg
こちらがお客様に推薦した除湿機
設定した湿度に達すると自動的に
運転停止する優れものです

13920822_1760638684149030_7246579975796013375_n.jpg
仕事の合間に中華街へ一歩

13907114_1760638700815695_6026966847657822096_n.jpg
春に納めたP159Boraのメンテナンス
今回は変化したダンパーを再調整、
調律、整音も実施すること約4時間
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メンテナンスに掛かる時間 [ピアノ・メンテナンス]

昨日は新潟県で出張メンテナンス!
1.jpg

2.jpg
販売した後も責任もって管理するのが
ピアノ店の務め、内部クリーニングに
鍵盤調整、アクションの精密調整。
そして円やか、かつ艶やかな音色を
ご希望のお客様のため丹念に整音…

調律は1時間ほどでしたが、その他
点検に費やした時間がおよそ2時間、
これが本来の維持管理、文字通りの
「メンテナンス」作業となります。
皆様のピアノはいかがですか?

3.jpg
チューニングピンをクリーニング

4.jpg
鍵盤キャプスタンの頭を磨きます

5.jpg
その他、金属パーツもピカピカに

6.jpg

棚板の埃を掃除機できれいにします

7.jpg
ネジの緩みをしっかりチェック

8.jpg
176本のキーピンのべとつきを掃除

9.jpg
ひとつずつ鍵盤の遊びを作ります

10.jpg
駒打ち、弦の振動を響板に伝えます

11.5.jpg
アクションを戻して弦合わせ作業
正確に修正していきます

11.jpg
鍵盤の高さもチェック

12.jpg
鍵盤の深さをパンチング紙で調整

13.jpg
黒鍵の深さまで正確に調整します

14.jpg
アクション部品のポジションを修正

15.jpg
ハンマー接近をひとつずつ調整

16.jpg
ハンマーストップを正確に揃えます

17.jpg
調律は2Hz上げ、A=442Hzに...

18.jpg
お好みに応じてハンマーに針刺し

19.jpg
針の痕を消し、音色を艶やかに

20.JPG
作業の後に美味しい珈琲&ケーキ

リヒテル好きの奥様にお勧めしたのは
グリゴリー・ソコロフ、ピアノ談義で
愉しめるのも弊社顧客の特徴...。

お客様の信頼に応えるために毎日
プレップ&メンテナンスに励みます!


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

より豊かな音楽性のために [ピアノ・メンテナンス]

PETROF P194Stormの点検整備。

13775351_1757725354440363_9145934787580712616_n.jpg
調律に狂いなく良好な状態をキープ、
今回はペダルに関わる微調整を実施。

13627179_1757725344440364_3133721947882072014_n.jpg
指先に加えてハーフペダルなど足でも
よりデリケートな表現が可能に…

13680762_1757725334440365_5186298718372373360_n.jpg
ピアニストの提案でペダルを重めに

ブランド=完成されたピアノではなく
実際はmodifyしながら育てるもの。

13872815_1757725324440366_5553313357181945476_n.jpg
一部のピアニストがコンサートの際に
特定した楽器を使うのもそれが理由。

継続的に細やかな調整を重ねることで
初めてピアノに音楽性が備わります。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフP194Storm メンテナンス(音源付き) [ピアノ・メンテナンス]

ペトロフP194Stormのメンテナンス!
ショールームでピアニストや愛好家に
親しまれたこの楽器とも久々の対面...

13690639_1754817834731115_8319178994286739256_n.jpg

今すぐにでもコンサートに使用できる
状態まで保守点検を実施、作業後には
素敵な演奏を聴かせて下さいました。


空間に溶けるような甘美な音色...
iPhone録音のため音質は今ひとつ)

グランドピアノ本来のトリル&連打、
ppp~fffまでのダイナミックレンジ
享受するためにはメンテナンスの際に
調律のほか、数々の作業が実は必要...
販売後も怠りなく調整しています。

13729174_1754817841397781_6318247098894988769_n.jpg
まずはA=442Hzにピッチを戻します

13770468_1754817838064448_8429987757527608427_n.jpg
続けてアクションの精密調整に

13715967_1754817871397778_1623256516835217658_n.jpg
トリル&連打に影響するジャック調整

13782122_1754847111394854_1548134376224288991_n.jpg
ハンマーの高さを均します

13754287_1754817881397777_7735550958564217666_n.jpg
ハンマーストップの基準をとります

13770464_1754817888064443_3351242053125446925_n.jpg
快適な弾き心地にリセット

13775889_1754817931397772_5830184787920283275_n.jpg
音質の粒をそろえるべく針を入れます

13715969_1754817941397771_1562764050220929079_n.jpg
ソフトペダル使用時の整音まで実施

ピアノを末永く楽しめるよう納品後の
アフターケアを大切に考えるお客様が
多いのもピアノプレップの大きな特徴、
これからもサポートしてまいります!
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフGP PⅢM メンテナンス [ピアノ・メンテナンス]

ご訪問を心待ちにして下さっていた
親切なご年配夫婦の御宅でお仕事。

1.jpg

ピアノ通は後々のメンテナンスまで
考慮した上で楽器を購入されます。

2.jpg
前回行った弦合わせをチェックです

3.jpg
A=442Hzで調律、湿気による変化を
リセットします

4.jpg
今回はタッチとペダリングに関わる
ダンパー調整を念入りに実施…。

5.jpg
まずダンパーレバーを揃えます

6.jpg
ペダルを操作する際のタイミングが
揃うようにひとつずつ地道に調整...

7.jpg
音の止まりが悪いフェルトを
専用プライヤーで調整

8.jpg
ダンパーの掛かり、基準をとって
スプーンの高さをいったんリセット

9.jpg
ストップレールも適正位置に調整

10.jpg
整音作業は最後に必ず実施します

11.jpg
10年経ってもボヘミアンスプルースは
健在、深く温かい響きを醸しています

12.jpg
外装を丁寧に磨き上げて終了、
PETROFロゴも輝いています。

ハーフペダルなど細かい踏み分けは
ダンパー動作が揃って初めて可能、
コンサートピアノに迫るサウンド
緻密な調整でお愉しみ下さいませ。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

国産GPプレップ&メンテナンス作業③ [ピアノ・メンテナンス]

国産GPの長かったプレップがついに完結!

響きのボリュームは「素材」としての各個体の
ポテンシャル、繊細なpppが弾けるか否かは
アクションと鍵盤の精密な調整次第...。
演奏者のデリケートな音楽表現に応えるため
いよいよ「楽器」に仕上げていきます。

13615133_1851478081738224_2427625919176650215_n.jpg
白鍵のあがき(深さ)を10mmに調整

13592314_1851478078404891_6960026043295462592_n.jpg
ドロップ調整は2mm、連打性に影響

13590320_1851478085071557_6361106732322442398_n.jpg
白鍵のアフタータッチをもとに黒鍵の
深さを調整、同じ「トクン」に揃えます

13645088_1851478075071558_8157040713408686154_n.jpg
ハンマーストップ位置は弦から15mm
正確に揃えるとタッチ感がまとまります

13627244_1851477991738233_7594944549627550871_n.jpg
強すぎるスプリングを適正に調整、
これも連続打弦に関わる箇所...

ダンパーの調整を再度チェックしてから
整音作業、佳境を迎えました。

13567001_1850934201792612_3043157362885236014_n.jpg
芯を感じるハンマーフェルトに針刺し、
各音量で弾き分けながら入念に作業

13592231_1850934205125945_6035252670971946012_n.jpg
シフト(ソフト)ペダルの整音作業を実施、
音質にグラデーションを作っていきます

13435456_1850934208459278_653413969712611191_n.jpg
3弦合わせ、3本の弦を同時に打つよう
慎重にフェルトを削ることで輪郭のある
ピアニッシモが可能となります。

13600291_1851477981738234_506590085013736095_n.jpg
何度も作業を重ねるためチョークの印も
ご覧の通り...苦笑

13557925_1851477998404899_2778063193053523125_n.jpg
音質が揃ったところでプレップ完了!

13626517_1851477988404900_7867993393579949544_n.jpg
真鍮ロゴを磨けば新品のような輝き

13612195_1851477985071567_2918433142787224834_n.jpg
外装も手作業で研磨+ワックス処理

後は出荷のときを待つばかり...
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

国産GPプレップ&メンテナンス作業② [ピアノ・メンテナンス]

グランドピアノの性能を最大限引き出ために
黙々と作業に没頭、コンサートピアノ同様に
手間と時間をかけて調整を行っています。

13599765_1850934275125938_8420478321102712349_n.jpg
もう一度ハンマーと弦の合わせを確認、
整音作業のためにも弦跡を精密に...

13600073_1850934211792611_7910176033278985010_n.jpg
ジャックの前後調整

13615107_1850934215125944_6334254640453206919_n.jpg
ジャックの高さ調整

トリル、連打に関わる重要なジャック調整、
コンサートの際も本来チェックすべき事項

13620274_1850937328458966_7914467108952931370_n.jpg
より繊細な音を出すための接近調整、
一音ずつライトを照射して地道に作業...

この後ドロップ、白鍵の深さ、ストロークを
揃えて、今回はいったんダンパー調整に...

13631503_1850934135125952_6099983531081393895_n.jpg
掛かりのタイミングを正確に揃えるために
ハンマー側面に基準のラインを記します。

13607007_1850934138459285_8915472435284512724_n.jpg
基準をとったら定規を当てながらダンパー
レバーの位置をボタン調整で揃えます。

13590404_1850934145125951_8407124408605303279_n.jpg
ダンパーの総上げ調整、ペダルの操作に
同時に応えるように地道に調整します。

13620748_1850934131792619_5372007582123956982_n.jpg
ダンパーの止音不良もあわせて調整、
家庭向けのピアノの場合こうした細部の
詰めが甘いことが往々にしてあります。

本番はどんなピアノでも弾けなくてはダメ!
という先生がいらっしゃいますが、それには
標準状態の楽器でさらう必要があります。

その「標準」が技術者による精密な作業で
保たれているのが実はコンサートピアノ。
家庭用のピアノでも同等の内容、精度で
整備すると性能は間違いなく向上します。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

国産GPプレップ&メンテナンス作業 [ピアノ・メンテナンス]

国産GPプレップ&メンテナンス作業の続き...

13599969_1850574058495293_3988625144836206285_n.jpg
アクション、鍵盤を外す前に高さの凹凸を
チェック、チョークで印を付けておきます。

13590503_1850574061828626_220877667597275966_n.jpg
アクションを外し、掃除機でホコリを除去

13615062_1850574065161959_2410638947729172574_n.jpg
鍵盤を一鍵ずつ濡れ雑巾で拭き掃除。

13627001_1850574055161960_4420691455076758374_n.jpg
鍵盤横の汚れもしっかり落とします。

13592225_1850574068495292_6890553625532000789_n.jpg
汚れでべとついたバランスキーピン、
クリーニングして滑らかな弾き心地に

13600329_1850574128495286_454709332213731798_n.jpg
鍵盤上下の動きをガイドする役割の
フロントキーピンもきれいに磨きます

13615032_1850574121828620_6275223738118814810_n.jpg
フロントキーピン角度を鍵盤と平行に、
摩擦を減らしスムーズな動作にします

13631422_1850574131828619_5492632444773430726_n.jpg
キーホールもブラシできれいに掃除

13567388_1850574125161953_7889293775606062971_n.jpg
鍵盤の遊びを一鍵ずつ作ります

13600221_1850574195161946_847076625037433722_n.jpg
チョークの印を頼りにパンチング紙で
高さを調整、近いレベルまで整えます

13592182_1850574188495280_2236433429475348711_n.jpg
アクション、鍵盤をはめて鍵盤高さの
微調整、ピンセットでパンチング紙を
抜き差しして微調整

13557810_1850574191828613_2029469988813568001_n.jpg
鍵盤の高さを徹底的に均します

演奏会に使用されるコンサートピアノ
年1回2日かけて保守点検を実施します。
その内容は今までにご紹介している通り、
調律以外の作業が実は重要なのです。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メンテナンスの意識 [ピアノ・メンテナンス]

弊社ショールームを正式にオープンしたのは実は2013年の今日、7/3はチェコを代表する作曲家レオシュ・ヤナーチェクの誕生日でもあります。

そんな記念日にピアニストの嬉しいご来訪もありながら、年月を経た国産GPを手入れ。
以前勤務していた職場からの依頼とあって今回は特別にショールームに搬入しました。

現在はペトロフ専門に対応しておりますが、店主は工房からキャリアを築いたこともあり、中古ピアノリニューアルも違和感なし。

13532876_1849129508639748_5874506621626373253_n.jpg
まずは弦のクリーニングから...
ビフォー(左)/アフター(右)

13522002_1849129518639747_7068287295064577751_n.jpg
乾いた布できれいに汚れを拭います

13592264_1849129511973081_3715876396708501537_n.jpg
チューニングピンのクリーニング
ビフォー(左)/アフター(右)

13557775_1849129591973073_336757491731136468_n.jpg
フレームの汚れも綿棒で掃除...

13557851_1849129605306405_7029883364796678162_n.jpg
ピンの狭い隙間も、真鍮製アグラフも
きれいにクリーニング

13606816_1848997961986236_4176928706843505378_n.jpg
磨き上げた結果、名誉のマメが...

P1280910.JPG
真鍮棒で「駒打ち」、弦の振動をロスなく
駒に伝えるために密着させます

13557927_1849129595306406_5816891182467006307_n.jpg
音程が著しく低下、ひとまずA=442Hzに
ピッチを上げるべくざっと調律を実施


気持ちよく演奏するためには、タッチや音色を均一に揃えるメカニックの調整が必要です。

ピアノの将来を考えるなら、楽器内部の弦や金属製パーツの汚れ・錆の予防・除去作業は欠かせません。

輝き・艶を失ったペダルや外装も、こまめにワックスやコンパウンドで磨いてあげれば新品のような光沢に戻すことが可能です。

残念ながら工房時代に入荷してくる中古ピアノは毎年の調律記録は残っていても、アクション、鍵盤は未調整、金属部品も錆ついた状態、そんな品物ばかり。
店は売りっぱなし、調律師も音合わせのみ、ピアノ業界の悲しい状況を目の当たりにしてきました。

どんなに素晴らしい楽器でも「調律」だけでは音質のムラやタッチの狂い、錆や汚れによる劣化を防ぐのは不可能ですが、この事実をユーザーはどこまでご存知でしょうか。

新品に近い状態、また心地良い状態を維持するためには、調律師、ユーザーの両者がピアノに対して、「メンテナンスの意識」を共有することが必要最低条件です。

ピアノ使用者もしくは購入を検討される方は楽器だけではなく、後々の管理についてもあわせてご一考頂けましたら幸いです。

作業はまだまだ続く...
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あれから3年... [ピアノ・メンテナンス]

弊社オープンと同時にお買い上げ頂いた
P125F1マホガニー艶出のメンテナンス!

13508900_1747550528791179_764403946455314424_n.jpg

記念すべき第1号のお客様ということで
ペトロフ社長にサインを頂いて早3年...

13516686_1747550532124512_3692069361872550179_n.jpg

13507238_1747550518791180_8931007336367717112_n.jpg

お子様と会社の成長を共に見届けている
ピアノなので店主自身も感慨深いです。

13567129_1747550562124509_746389384768394792_n.jpg
まずはチューニングピンの掃除から

13532910_1747550578791174_3722345332268084419_n.jpg
鍵盤下、棚板のクリーニング

13567000_1747550585457840_7571510760782770672_n.jpg
フロントキーブッシングクロスを調整
1鍵ずつ遊びを作っていきます

13533108_1747550592124506_1471102975652178005_n.jpg
鍵盤ならし(高さ)をリセット

13537562_1747550615457837_6326338940026073196_n.jpg
鍵盤あがき(深さ)もリセット

13521854_1747550642124501_4123356533104962630_n.jpg
ハンマーストップ後、調律、整音を実施

お子様の演奏が驚くほど上達されていて
喜びも一入。4年目を迎えても変わらず
ご家族でご愛用頂いています!

13507036_1747550635457835_6224843600491079037_n.jpg
人気店「リリエンベルグ」の焼き菓子
頂戴しました。手作り感ある美味しさ...
http://www.lilienberg.jp/

どうもご馳走様でした!
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | 次の10件 ピアノ・メンテナンス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。