So-net無料ブログ作成
プレップアップ ブログトップ
前の10件 | -

ペトロフP131M1ウォルナット艶出モデル ヴォイシング [プレップアップ]

ペトロフP131M1ウォルナット艶出モデル、
ついに最後の「整音」に入りました。
英語で「ヴォイシング」と呼ばれるように
調律、整調とともに欠かせない仕事...
料理でいえば味付け、シェフのセンスが
問われるところ、まさに「画竜点睛」です。

13924999_1869568833262482_21493341731409760_n.jpg
フォルテ、メゾフォルテ、ピアノ...
各ダイナミックレンジを聴き分けながら
深さ、箇所を考えて針刺しを行います

13939409_1869568876595811_6015425451340936916_n.jpg
工場出荷の段階だとやや粗い状態

13886960_1869568836595815_1806066478403633503_n.jpg
きれいにフェルトを整形することで
より艶やかでまとまった音色に...

13939490_1869568899929142_4917693594661555924_n.jpg
3弦合わせ、1弦ずつ弾いて接点をチェック

13906935_1869568909929141_4024615694923237705_n.jpg
ハンマーをさらに細かく整形していきます

13876570_1869568956595803_6303660391580035419_n.jpg
最後はユーザー目線で仕上がりをチェック
大事なのは調整そのものより結果です。

13932909_1869568969929135_7830968217306158355_n.jpg
P131M1 Walnut High Polish 完成!

13975286_1764079183804980_1924180970845638539_o.jpg
店主も自信もってお勧めできる逸品です。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフP131M1ウォルナット艶出モデル プレップアップ② [プレップアップ]

ペトロフP131M1 プレップアップ2日目!
夕方に来客があって整音作業は持ち越し、
軽快な弾き心地に仕上がっています。

13886455_1763687720510793_8459526727594240771_n.jpg
鍵盤高さを整える前にキャプスタン調整、
アクションと鍵盤の間にロスがないように

13962691_1763687677177464_5708591403101551320_n.jpg
鍵盤高さを定規でチェック、タッチの基本は
「鍵盤均し」にあります

13880237_1763687683844130_6207543948187878470_n.jpg
鍵盤と水平なレベルに視線をあわせても
チェックは可能。パンチング紙を使用して
鍵盤高さの精度を高めます

13935063_1763687673844131_2337318056900240203_n.jpg
鍵盤高さが揃って初めて深さ調整が可能、
パンチング紙でリセットします

13887096_1763687713844127_9076369581543678113_n.jpg
パイロットボタンの前後、間隔を調整、
指先に伝わるタッチ感を均質にします

13872667_1763687743844124_7520970867424610691_n.jpg
アクションパーツの間隔を微調整

13887011_1763687760510789_7545626747070366402_n.jpg
ハンマー接近をひとつずつ精密に...
微弱音、連打にも関わる大事な調整

13876246_1763687763844122_1883329816479116195_n.jpg
打弦後にハンマーがストップする位置を
正確にリセットします

13932718_1763687790510786_6016623147640309136_n.jpg
止音するダンパーフェルトの動作を揃えます

13892377_1763687803844118_2909252942787984129_n.jpg
鍵盤に連動してダンパーが始動する掛かりの
タイミングを地道に調整していきます

13932958_1763687810510784_6841595702355739403_n.jpg
整調後にA=442Hzで再調律、
あとは整音作業を残すのみです
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフP131M1ウォルナット艶出モデル プレップアップ! [プレップアップ]

先週入荷したP131M1ウォルナット艶出、
試弾してみたいと早くもお問い合わせあり。
弊社のペトロフに関心をお持ち下さり感謝...

そろそろショールームの温湿度に馴染んだ
頃合いとみてプレップアップを開始です!

13906985_1868719830014049_8653933467813343044_n.jpg
まずはチューニングピン&弦を掃除。

13882279_1868719826680716_151939391123945357_n.jpg
ひとつひとつの弦を駒と密着させます。

13925318_1868719866680712_8358148760897224973_n.jpg
鍵盤を外して棚板を掃除してから
キーピン176本をきれいに磨きます。

13939351_1868719870014045_338977683812535704_n.jpg
キーホールもブラッシングで掃除、
細かい木屑を取り除きます。

13962499_1868719876680711_7839374203467786168_n.jpg
ひとつひとつ「鍵盤遊び」を調整、
滑らかな弾き心地に整えていきます。

13932951_1868719926680706_5207449192062921216_n.jpg
ドイツの老舗メーカーRENNER社の
純正アクションを搭載、ネジ締め確認。

13902572_1868719923347373_6527113454890811955_n.jpg
アクションを再び本体に戻して弦合わせ、
角度、間隔を正しいポジションに設定。

13934705_1868719823347383_1641830036868146829_n.jpg
ざっとA=442Hzに整えたところで本日終了、
まだまだ作業工程は1/3といった状況。

整備状況をご覧頂くのも顧客サービス、
全てはピアノを愛する方々のために...
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

技術と熱意を映し出す「鏡」 [プレップアップ]

手を抜けばヘソを曲げ、懸命に手を入れると輝く…
そんなペトロフの一面を今日は実感。10年を経た味わい深い響きながら凸凹した音質、もわっとしたタッチをリセット。その原因は楽器の問題というよりも調整不足によるもの。チェコの名器は時として調律師(ピアノ店)の技術力と熱意を写し出す「鏡」のように思えます。

13894983_1761480494064849_6723102961331887588_n.jpg
現在は弊社でプレップしたピアノのみメンテに対応していますが、今回ばかりは10年前に購入されたP118C1を特別に現地で調整。

13920776_1761480500731515_1149307412444134499_n.jpg
ハンマーの動作不良(スティック)が発生、打弦した後に戻ってきません。湿気過多による影響...

13886922_1761480497398182_6506196204632800673_n.jpg
まずは汚れたチューニングピンをクリーニング(右ビフォー・左アフター)ハンマーの間隔も不揃い、調整不足がうかがえます。

13912703_1761480540731511_4583716357039838178_n.jpg
キーピンのベトツキで少し上げた鍵盤が降りてきません。弾き心地が鈍化する理由のひとつ。

13934987_1761480550731510_2924460166625539040_n.jpg
チューニングピン&弦を磨いた後、ひとつひとつ弦合わせを実施。

13876577_1761480547398177_7447241647580280745_n.jpg
弦溝の位置がまちまち、この機にリセットします。

13925355_1761480580731507_229099956811190373_n.jpg
ファイリング作業によって弦溝をきれいに取り除きます。(左ビフォー・右アフター)

13925241_1761480587398173_5042485652045242068_n.jpg
布ヤスリで卵型にひとつひとつのハンマーを整形。

13934760_1761480600731505_3810006142205857450_n.jpg
弦合わせを再度チェック。やっと新品に近い状態までハンマーは復活。凸凹だった音質も揃ってきました。

13924964_1761480630731502_419140718045209994_n.jpg
鍵盤を外して棚板にたまった埃を清掃。

13939314_1761480660731499_4266134438547552878_n.jpg
キーピンの汚れを1本1本きれいに拭います。

13902761_1761480687398163_6183630259650941870_n.jpg
棚板のネジを増し締め。

13932774_1761480707398161_7369110090065667701_n.jpg
フロントキーピンの角度が斜め、これもタッチに影響あり。

13895199_1761480714064827_8572006538847857467_n.jpg
定規をあてながら角度を修正していきます。

13901533_1761480727398159_6132459478766192823_n.jpg
汚れたキャプスタンスクリューを磨いて円滑な動きに(左ビフォー・右アフター)

13886475_1761480744064824_1353902554570881765_n.jpg
キーホールを清掃するためブラッシング、木屑が混入していました。

13895028_1761480617398170_2064331007950884868_n.jpg
調律はA=442に...

13920728_1761480750731490_730026041009024394_n.jpg
硬い音質にはフェルトに針を入れて音量バランスを整えます。

13920799_1761480780731487_6864616867475916916_n.jpg
3弦合わせ、フェルトの表面をきれいに処理。艶々しく深みのあるサウンドに...

13920724_1761480797398152_5202245405713192064_n.jpg
遠かったハンマーストップをざっと15mmに設定。弾きやすさが生まれました。

ただ半日かけても作業はまだ道半ば...弾き込まれたピアノの再調整は「マイナスからのスタート」です。
基礎の調整(プレップアップ)があって高度かつ音楽的なメンテナンス(維持管理)は可能、調整の土台がなければ「ピアノの個性」はずっと埋もれたままです。それが日本における過去のペトロフピアノに多く見られる傾向であり、2013年に輸入販売元として弊社ピアノプレップが新たに設立されるに至った理由となります。
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフP125F1 ウォルナット艶消モデル プレップ完了! [プレップアップ]

PETROF P125F1 Walnut Satin Finish
調律&整音を丹念に行いプレップ完了!

13728912_1753995508146681_4093871217193920681_n.jpg
A=442Hzに調律(音程合わせ)

13669043_1753995501480015_3766800341407013601_n.jpg
ハンマーヴォイシング(針刺し整音)

13770502_1753995531480012_8012444827981771250_n.jpg
針痕を布ヤスリできれいに処理します

昨日記事をご覧頂いた方は分かるように
音合わせ以外の調整が作業工程の9割...
その土台作りにどこまで手を入れるかで
ピアノの性能も評価も変わってきます。

13775338_1753995498146682_1704872008941253570_n.jpg

木質感あふれるPETROF P125F1...
古き良き温かいサウンドをお試し下さい。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

同じピアノユーザーとして・・・ [プレップアップ]

2日分のプレップアップ作業を公開!
昨日はピアノの先生方、そして今日は
グランドピアノをお探し中のお客様が
ご来訪、指導される方も購入する方も
ピアノの構造&調整の知識を得るのは
生徒の為、自身の為にも有益なこと...
皆様に情報を惜しみなく提供します。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

0.jpg

温湿度を管理したショールームであれば
アップライトピアノも高い次元で調整可能、
残すは調律と整音作業です。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフP118C1ウォルナット艶出モデル プレップ完了! [プレップアップ]

P118C1猫脚モデルのプレップ完了!

13524415_1748513832028182_970979631264647915_n.jpg

ウォルナット艶出塗装は久々の入荷、
イタリア製ピアノ椅子の座面は‟Rosa”
ピアノもセンスを愉しむ時代ですね。

13537581_1748513842028181_859010760189571457_n.jpg
A=442Hzにリセットしました

13512134_1748513835361515_2584196033992482067_n.jpg
針を入れて音質を丹念に調整

13532816_1748513888694843_5643950145661568455_n.jpg
針の痕跡をきれいに処理します

13557774_1748513912028174_6879972470178707280_n.jpg
最後はユーザーの視点でチェック、
自分が欲しいと思えるかどうかです

13599879_1748513908694841_2492884727857846054_n.jpg
木目の美しさに定評あるペトロフ

永くお使い頂くことを念頭に調整した
PETROFで生活空間を彩りませんか?

皆様のご試弾をお待ち申し上げます♪
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフP118C1ウォルナット艶出モデル プレップアップ [プレップアップ]

8時間寝かせたアイスコーヒーが完成!
ご来客用に夏仕様でご用意しました。

13567478_1747768885436010_742197424246584261_n.jpg
午前中ポタポタと地道に淹れた珈琲を
冷蔵庫に寝かせて....

氷に直接ドリップするよりも角のとれた
円やかな味わいが「水出し」式の特徴、
同じ珈琲豆も淹れ方で味が変わります。

13507074_1747894962090069_1959526200979757975_n.jpg
仕事を行いながら8時間後に完成!

ピアノも同様、ハンマーフェルトの硬さ
鍵盤の沈む深さ、アフタータッチの量、
調整作業によって音と弾き心地に新たな
「個性」を吹き込むことが可能です。

13524398_1747894978756734_2530811797745198989_n.jpg
まずはお約束のクリーニングから...

13528745_1747894958756736_5859758884629520398_n.jpg
キーピンも合計176本を磨きます。

13512118_1747895008756731_1061499031530448371_n.jpg
フロントキーピンの角度を修正します。

13442284_1747895028756729_4604812664344725497_n.jpg
鍵盤の遊びを作って滑らかなタッチに。

13511992_1747895068756725_3127622484307361823_n.jpg
続けてアクションのハンマー調整。
アルコールランプが出動!

13524432_1747895088756723_6278901280487916626_n.jpg
ハンマーと弦の合わせをチェック

13501832_1747895085423390_905790159968798587_n.jpg
今回は「3弦合わせ」もこのタイミングで...
爪ではじいて同時に接しているか確認。

13528771_1747895105423388_419051611011780549_n.jpg
ハンマー先端を薄く削って調整します。

13532783_1747895138756718_9028433529478521968_n.jpg
ハンマーフェルトの形も整えていきます。

13512008_1747895142090051_7279441944854838061_n.jpg
続けて鍵盤セクションへ。まずキーピンの
前後位置を定規をあてながら修正。

13516433_1747895198756712_7002362677454514505_n.jpg
鍵盤の高さに凸凹があります。

13532966_1747895208756711_3841266548489429238_n.jpg
パンチング紙を使いながら高さを調整

13516662_1747895232090042_7580136717899210951_n.jpg
一枚板のように綺麗に揃うまで続けます。

13557792_1747895242090041_8180738450062898016_n.jpg
高さがそろったら、次は深さを調整。

13501815_1747895262090039_7536170478540969309_n.jpg
ハンマーの接近調整。2~3mmが基準、
88鍵を根気よく設定していきます。

素材の良さを活かすのが技術者の仕事、
プレップ中のP118C1ウォルナット艶出
モデルを仕上げるには少々お待ちを...。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペトロフP118P1チェリーサテン プレップアップ♪ [プレップアップ]

P118P1チェリーサテンのプレップ完了!

13509148_1744601619086070_9022944892205818359_n.jpg

内部クリーニングから整音作業まで一人の
技術者が担当、ピアノを「楽器」の状態に
整えます。工業品とは異なるヨーロッパ製
新品ピアノの精密調整には手間とセンス、
それと温湿度が安定した環境も不可欠。

13495321_1744601625752736_7672251662894368614_n.jpg
弦合わせ、針刺し整音、ファイリング実施

13466536_1744601622419403_6509600955177221484_n.jpg
鍵盤高さの調整にも高い精度を要求します

13510900_1744601655752733_2164173692437622910_n.jpg
調律、整音の後は弦合わせを再チェック

各工程のチェックは技術者としての視点は
勿論、最終的に弾き手にとって気持ち良い
音質&タッチに揃っているか、担当者自ら
試奏して楽器の「一体感」を確認するよう
指示しています。これは料理人がお客様に
お出しする前に味見するのと同じ、店主も
楽器の「味わい」を厳しく確かめます。

13508948_1744601665752732_107272077904137715_n.jpg
自分がお客様の立場で「これが欲しい」
と思えるピアノを心がけるように by 店主

13434881_1744601662419399_8049389365483117735_n.jpg
美しい紋様と明るい風合いのチェリー材
こちらも弊社の人気モデルです♪

今週は続々とペトロフUPが入荷する予定、
技術者達が精魂込めてプレップアップする
チェコ製ピアノで「音楽」しませんか?
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Prep for Concert@東戸塚Sala Masaka [プレップアップ]

五反田の次は東戸塚でPETROFコンサート!
チェコのピアノで演奏して下さる機会が増え
音楽家の反応が上々なのも嬉しいところ...。

13450322_1744238569122375_772445137076733346_n.jpg
リハーサルシーン、今日はチェロとの合わせ

試弾された演奏家からの感想や意見をもとに
P194Stormの状態をホール空間にアジャスト。

13428546_1744238535789045_353143617426898233_n.jpg
湿気で少し変化した調律をリセット

13428456_1744238529122379_4523896650676041617_n.jpg
柔らかく朗らかな音に整音

13419056_1744238532455712_5946674831555070455_n.jpg
音の輪郭は3弦合わせでキープ

皆様と一緒に楽器を仕上げている心境です。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - プレップアップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。