So-net無料ブログ作成
検索選択

9/17(土)ペトロフ聴き比べコンサート『演奏曲をちょっぴり解説vol.1』 [イベント告知]

9/17(土)サロンコンサートにご出演いただくデュオ・イスクーストヴァさんの記事を拝借。どうぞご一読ください♪

『演奏曲をちょっぴり解説vol.1』
●モーツァルト=グリーグピアノ・ソナタ K545 ハ長調
ここではデュオ・イスクーストヴァが演奏する珍しいデュオ作品をコンサート前に解説して演奏会を楽しんで聴いてもらおう的な企画です。今回は今週末、ピアノプレップさんで演奏する曲を簡単に解説!!

◎モーツァルト×グリーグ 世紀を超えたコラボレーション!?
この作品は9月17日のコンサートでもっとも珍しい、普段あまり聴くことが出来ない作品で、モーツァルトの有名なソナタに、『ペール・ギュント』や『ピアノ協奏曲』などでお馴染みの北欧の作曲家グリーグが第2ピアノを書き足した作品です。

原曲はソナチネアルバムでお馴染みのハ長調のソナタです、ピアノ学習者ならば絶対聞いたことがあるほどの定番曲。
14264826_1213225562081100_7804199465301803359_n.jpg

第1ピアノはモーツァルトの原曲を弾きつつ、第2ピアノがグリーグの作曲した装飾を演奏します。
14264826_1213225562081100_7804199465301803359_n.jpg

そうすると『あら不思議!?』普段知っている、あのソナチネがまるで違う曲に聞こえてくるではないですか、グリーグによって付け足された第2ピアノは原曲のシンプルな良さを壊さずに、よりロマン派的な音楽に作り替えることに成功しています。
特に第1楽章でモーツァルトが分散和音で曲を進行している箇所のグリーグによる可憐な旋律は必聴です!!

14095906_1769212169958348_4985036604089021273_n.jpg

皆様のご予約&ご来場をお待ち申し上げます!
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。